2020年01月27日

基礎の確認。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

朝から京都の現場の基礎を確認に。
まだ完成していないからと思っていましたが出来ていましたね。
DSC_0755.JPG
構造計算をした基礎と言うのはこんな感じになります。
ちなみに構造計算をしない等級3相当の基礎はこんな感じです。
CIMG0686.JPG
底面に地中梁がないのが見えるでしょうか。
これでも相当で通るわけですね。

基本的に梁は連続しないといけない。
立上りがこの梁にあたりますが人通口で梁はキレて連続しません。
なので地中梁など他の方法で梁を連続させる必要があります。
どう考えても補強のレベルが違いますよね。
等級3にもなると上部耐力が上がれば
力の流れも大きくなるので最も基礎に力が加わります。
連続していない梁に力が加わると・・・。
上を見て構造の梁が途中で切れていたらどうでしょう。
床合板で隣の梁と一体化しているとは言え
とても危険な状態だと皆さん思うでしょう。
なのにこれが下を向くと大丈夫だと思う。
土があるから良いと思っているのでしょうね。
土が動かなければ良いですけどね。
両端は上からの荷重がかかり梁の真ん中は下から圧がかかる。
弓なりになるのを抑えられるほどのベース配筋にしていれば良いですが
そんな事している基礎見た事ないです。
皆さんもなぜ必要なのかをしっかりと考えて検討しましょうね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 09:43| 奈良 | Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

牡蠣好きなのに。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

コメントありがとうございます。
やはり牡蠣が怪しいのですね。
型により症状が違うのですね。
よく考えると道端に面した外部の氷の上に
雨ざらしで置いてありましたしね。
いつもなら良いが今年は気温が高いですから痛むのも早いのかも。
他の客もおそらく同じ症状になっている事でしょう。
このぐらいで済んでラッキーなのかもしれません。

本調子でないにしろ休むわけにはいきません。
本日は基礎配筋みにいかないといけないし、昼から面談です。
明日は横浜で戻ってからもおそらく休みは取れないでしょう。
なんとか生活の中で体調を整えていくしかないですね。
まあなんとかなるでしょう。
恐るべし食あたり、今後は気をつけないといけませんね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:23| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

集団食中毒。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

さて集中講座の2日目ですが
なんと講師側5名が前日夜中ぐらいから
全員なぞの嘔吐をしていたようです。
私は懇親会の時だから20時ぐらいから体調悪かったのですが
翌朝全員ぐったりとしていました。
他の受講者がなんともなかったので
22日の食べ物で当たったのは明白です。
生ガキか?いやカキならもっとひどいらしいし。
原因は不明です。
ちなみに一足先に戻った森代表はなんともないとの事。
同じ物を食べていたはずなのに鉄の胃袋ですね。

そんな満身創痍で頭が回らない状態なので
私のパートはグダグダだったかもしれません。
他の方のように慣れてないですからね。
まあ解析の講習ではないですし
時間もないのであらかたの使い方の説明だけ
窓の取り付け位置によってψ値が変わるが
それだけで判断せずに窓が奥に入れば建物の影が
ガラス面にどう影響するかなども踏まえつつ
トータルで建物を考えるという事や
解析前のCAD図面などの下準備が重要というのが解ってもらえれば良いです。

倉敷会議から始まり2日間の集中講座も終了しましたが
本日の面談があって本当に助かりました。
あの状態で奈良までとてもじゃないが帰れそうになかったので。
食べ物の広告みるだけで気分が悪くなるのは初めてです。
奈良に戻っても面談あるし横浜も行かないといけないので
なんとか調子を戻しておかないといけませんね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 05:40| 奈良 | Comment(1) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする