2018年02月23日

再気密測定結果は。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

リフォームの現場の再気密検査が終わったようです。
結果はC値1.0と言う事でちゃんと測定できたようです。
やはり怪しいと思った既存屋根と新設屋根の取り合いが
全く処理できていなかったようでそこを塞ぐと測定できたとの事。
幅2mで垂木分の高さ5cmほどだとは推測しますが
それだけ空いてると測定できないものなのだな〜と実感。
C値1.0だとまだ細かく潰せるところはある気もしますが
測定する通知なかったので現場に行けませんでした。

教訓としては面倒だからと施工に支障がでるような
中途半端な解体をしないと言う事でしょうか。
ちゃんと確認が出来るように一筆書きになるようにしましょう。
後から探すのは、是正するのは本当に大変です。
正しい知識で丁寧な施工を心掛けましょう。
想い一つで結果が大きく変わりますから。
とりあえず新築でもC値1.0に出来る業者がない中
リフォームでこの数値は及第点ではないでしょうか。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 07:10| 奈良 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

床断熱の危険。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

久しぶりに建築技術の内容に戻りますかね。
床断熱の結露の危険とは?と言う事で。
床断熱における床下での結露は夏期に発生することが多い、
これは床下の絶対湿度は外気とほぼ同じであるのに対して
温度は外気より低くなる事が原因です。
当然ながら換気口やパッキンなどで外気が入るが熱自体の流入量は少なく、
日も当たらずに温度が低い床下では飽和状態になりやすく表面結露に至る。

昔のように外周部も束建ての基礎であれば開口面積が非常に大きく
床下の温度低下を防ぐのに十分な熱が床下に流入したいたが
現代の耐震性を高める為に外周部には立ち上げりがあり、
底板にはコンクリートが敷き詰められていては温度も上がりません。
更に一応、基準法で換気面積が決められている開口部も
実際には十分な換気量が確保できていないのかもしれません。
熱的には確実に不十分な事には変わりがありませんが。
強制換気しないと自然換気では無理と言う事ですね。

あと結露対策として調湿材を利用することがあるようですが
(こんなもの撒いたことないです。)
床断熱の床下結露の対策には不向きです。
(言い切った。)
蒸気で説明してきたように流入量と温度により結露する仕組みなので
そこに調整材を置いても湿気るだけ。
一定量の水が常に流れ込んでいる水槽にスポンジ入れても
水はなくなることはなくなることはないのと同じことです。
(許容量超えれば意味がない)
さらに周囲が乾燥してくると吸った湿気を放出するため
本来、乾燥する時期に帰って高湿化してしまう危険もあるようです。
冬場に結露するってことですね。

ちなみに床下の湿気は床から部屋内に上がってこようとします。
木と断熱材の間は隙間が空いているので合板の継ぎ目あたりが
湿潤していたり、チップ固めた床材などは湿気を吸い膨らんでしまい
床が浮いてきたりする状況にもなりますので
床下から部屋内への湿気移動というのも十分に気をつけないといけません。
って気密テープやシートなどの気密処理でもしていなければ無理ですけど。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 07:35| 奈良 | Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

換気と気密の密接な関係。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

昨日はYKK主催の勉強会だったようで資料が回ってきました。
(私行ってませんが)
日本住環境が換気の話だったようで資料見ると
ここで何十回も言っているように換気には気密が重要であるという内容ですね。
(聞いてなくても解るぐらいの良い資料です)

3種換気の給気については(以前も書いたかな)
C値0.5で約67%、C値1.0で約50%、C値2.0で約30%
C値5.0では約17%しか給気口から給気していない事になります。
逆に言うと引いた%分はフィルターも通さない汚染された外気が
隙間を通って侵入して来ていることになります。

さて排気側はと言うと、
とある実測結果を見ると4か所ある排気機の排気量は
42m3/h、8m3/h、22m3/h、0m3/hと言う結果に。
実測換気量は72m3/hと必要換気量の131.78m3/hをはるかに下回っています。
これ基準法違反ですよね。
更に5か所ある自然吸気口からの給気は5か所とも0m3/hという結果です。
ただ単に外の暑い寒い空気を取り入れるだけの穴が空いているだけですね。
こんな基準にも達していない名ばかりの家が立ち並んでいるわけです。
そりゃ室内環境がよくならないわけだ。
建材に含まれる成分が変わりシックハウスはなくなってきたかのように思いますが
以前、ハウスダストやアレルギー疾患が起こるのは換気が不十分であることも関係します。
だって部屋の空気は外気を同じかそれ以下の汚染度なんですから。
良くなるわけありませんよね。

ちなみに先日、お話した換気メーカーさんは
システムを作るにあたりC値0.3を要求してきましたね。
気密が悪ければ排気量を確保する為により大きな風量の機械が必要になります。
イニシャルもランニングコストも悪くなります。
性能を十二分に発揮するためには100歩譲ってC値0.5は確保したいところです。
まあうちの会社は最近C値0.5を切る物件、
この数件はC値0.4を切るのが続いているので問題はなさそうです。
これは換気設備に関してだけの話ではありませんよ。
あなたの建てる設備ありきの家は本当に設備が効率よく稼働していると思わないでくださいね。
能力の半分程度で考えて10年ぐらいで買い替えないといけないのに
より性能の高い製品を購入して快適でない生活を過ごすことになりますよ。
日本住環境に限らず一度換気メーカーの話を聞いてみると良いですよ。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 07:25| 奈良 | Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする