2018年05月31日

いろいろ検索すると面白い。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

そういえば、「24時間換気 必要」と入れると
24時間換気にやり取りしている質問場が見つかります。
1種がどうとか、換気止めたらどうなるのとか
そもそも窓開ければ良いとか。
まあ、いろいろな意見がありますね。
中には希に数値を書く方も居られますが
そのほとんどは慣習であったり、感覚的な話です。
基本的な家の性能については一切書かれていない。
建売だから解らんって方もいます。

正直、何も考えず言いなりで建築した・購入したんだから
いまさら何もできないです。
窓開けて埃や花粉を室内に持ち込み、掃除が大変になる。
加湿器や除湿器を何台もおいて解消する。
使わない時期の為にわざわざ少ない収納をつぶす。
あとは不満をタラタラとつぶやくぐらいです。
そもそも誰もUa値やC値の話してないし。
気密が良ければ3種であろうと換気は有効に機能します。
ここに来られる皆さんが
こういうサイトでぶつぶつ不満を言わなくても良いようにしていけたら良いです。
自慢話を書いてるだけなのに羨ましがられたり、
幸せのおすそ分け的に質問に答えたりしてたほうが楽しいですからね。
多くの人が幸せな方がよいに決まってます。

たしかに感覚というのは重要ですが
その環境しか知らない、他を体感していない
していても同レベル場所だけであれば
新たに感覚が養われることはない。
井の中の蛙に何を言っても馬の耳に念仏です。
高気密高断熱・・・。
この言い方も悪いですよね、どこからが高気密高断熱なのって。
良い性能の家に住む方は、どんどん暮らし方を変えています。
私がここで何回も書いていても半身半疑な部分も
住めば理解し、そういう暮らし方に変化していきます。
窓なんかほとんど開ける事ないから掃き出し以外はFIXで良かったかもとか
(基準法の部屋の換気回数に関わるので無理ですが)
住めば都と言うぐらいですから、人はどんな状況でも生きていけます。
郷に入れば郷に従えと言うように、その環境に適応することも重要です。
その環境が少しでも良い方が心身や金銭的負担を軽減してくれます。

その良い環境を知っていただく為のブログです。
ここで書くことが100%ではないです。
(ほぼ正しいとは思っていますが)
しっかりと他の方との違いも見て、自分の共感できる事をしましょう。
ここで書く「良い家」は一つの例でしかありません。
これ以外の性能で、どう解消し、どう暮らしていくのが良いか
そんな事でも構いませんのでご質問ください。
しっかり洗脳、もとい回答してまいります。
千本ノックのように何回も同じ事言われると頭に残ると言う方も居られます。
・・・やっぱり洗脳ですね。
悪い洗脳ではないつもりです。
それでよければお気軽ご質問下さい。
前のアドレスも使えますが
新しいのはkanzaki@bg8.so-net.ne.jp です。
電話も完備しました、0742-81-9968 です。
携帯でもOKです、080-6116-5412 まで。
即日、メール返信なければアドレス間違っている可能性があるので電話してください。
即答しない事は出張していないかぎりないですから。

そういえば換気の続きを書こうと思っていたんでした。
なんか訳解ってない質問コーナー見てたら面白くなってしまって。
すでに長いので次回にします。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 08:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

まだカタログないって。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

さてカタログ欲しくて23日に近くのYKKに電話。
担当宛にFAXしてと言うので
APW330、330防火、430、イノベストと一応ヴェナート。
樹脂窓以外の窓のカタログは不要と送ったが連絡来ない。
まさか5年前なら樹脂窓のカタログおいてないって事もありましたが今は大丈夫でしょ。
まあウェブカタログもあるしと催促もしなかったですが
28日に連絡があり近くにいるので寄りたいとの事。

聞いたことない設計事務所がいきなり樹脂窓以外いらんとしたことで
「何、この変な人」って言う事で通常の営業担当ではダメだと思ったのか違う担当登場。
対応に時間がかかったようです。
聞けばこの営業、奈良で7年いるらしいし
元いた工務店も知っているのですから会ったことあるかもしれませんが
なにせ直接話していたのが、もっと上の人達だったので覚えていません。
まあ7年前には330ペアガス入りを標準にしている工務店ないでしょうから
知らない方がおかしいのですが。

さてカタログもらって本棚になおしていると、あれがない。
そう430+のカタログがない。
430としか書かなかったからかと思っていたが
430+まで必要だと言うのが頭になかったようでちょっと調べますと。
まあ430自体出ると思っていないのだから上位機種が必要とは思ってないわな。
結果、まだカタログないって話に。
はあ〜〜〜〜〜〜〜〜っ。
4月に発売している商品のカタログが5月終わろうかと言う時期に
まだ出来てないってどういう事。
チラシならありますって知ってるし、見たし。
一応、PDF送ってもらいましたが売る気あるのか疑問しかありません。
本部が売れると思ってなければ末端が売るはずがない。
なんか430出した時もこんな感じだったような。
ないものは仕方ないので待ちますが早くしてほしいです。

そういえば高性能化に向けて(樹脂窓売る戦略)
とある方とYKKでなにやら動くようですが・・・・・。
正直、あの忙しさでそのプロジェクトはどうなの?
成果は出るんでしょうかね。
そんな事するなら地場の最有力建設会社に
掛け率を限界以上に下げてでも標準化してもらう。
そうすれば周りはそこに追従しないといけなくなる。
大手が樹脂窓標準化でしても「なにそれ」って感じですが
地元企業のトップの動向は皆さん気にして対応してきます。
こんな事、6、7年前から言ってるんですけどね。
損して得取れって言うでしょうに。
結局いいようにアルミ樹脂複合にやられていますよね。
一度樹脂使えば断熱の低さや結露怖くて元には戻せなくなると言うのに。
まあ私は関係なく樹脂トリプル標準でいきますけど。
後はシャノン、LIXILと三協にもカタログもらわんと。
でも枠の性能値出してくれないからな。
良い家が普及するのはいつになるやら。
コツコツと地道に増やしていくしかないですね。
奈良って準防火地域も駅前ぐらいしかないので
樹脂窓化してもコストアップにならんのですがね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 08:20| 奈良 ☔| Comment(2) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

換気が必要な理由。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

感覚は人によって違うが数値ならだれでも同じに比較できる。
冷蔵庫買いに行けば年間光熱費だなんだと数値や評価が書いてあります。
それと必要な容量、金額を見て選定します。
家も同じ、というか100倍、200倍と金額の違う物をなぜ比較検討しないのか。
そもそも比較する根拠が出ないのがこの国のおかしい所です。
先日の表も関係者からすれば「ここは違う」と言う点もあるでしょうが
公表していない時点で何書かれても仕方ないですよね。
自信があるなら、後ろめたい事がなければ出せば良い。
わざと隠さないといけない理由はないはずです。
出せない=してないと判断されても仕方ないです。
どこぞの総理にように証拠も出せないのに会ってないとか。
相手は証拠を提出しているにも関わらず。
あんなつまらない事で言い合う時間もったいないと思いませんか?
あれを仕事とし、高額な給料もらっているですよ。
適当な仕事はやめて、しっかりと表示すれば良いと思います。

換気を書こうと思っていたんでした。
そもそも昔は隙間だらけでしたし、
材料も自然素材や無添加だったりしたので
それほど室内の空気質が悪くならなかった。
カビは昔からありましたけど。
アルミガラス窓や中途半端に気密が向上したこと。
工業化が進み、有害物質を含む建材を住宅に使用するようになった事。
共働きでに日中誰もいないので窓も開けない家庭が増えてきた。
窓の結露や非暖房室のカビなどが原因で空気質が悪くなる。
そんないろんな状況から体調の変化を訴える人が多くなってきます。
で、シックハウスと言う言葉が出てきました。
たしかに20年前ぐらいの新築は中に入った瞬間の独特な匂いがありました。
それを新築とはこういう匂いがするものだと思っていた時代ですね。

結局、有害物質を使わないとか空気を強制的に入れ替えるとかになるわけです。
家にず〜っといて換気ちゃんとしてるし、
カビ生えない様にしてると言う方々には
24時間回りっぱなしの電気の無駄使いにしか思えないでしょう。
その換気も結局は中途半端な気密性により効果を発揮していない。
換気メーカーは知っていたかも知れませんね。
今はC値0.3ないとダメです、悪くてもC値0.5は必須です。
とか言ってきますから気密が悪いと効率も悪いと
昔から知っていたのでしょうね。
C値がよくて換気効率がよければもっと風量の少ない換気扇で足りたでしょうね。
とは言え法律で義務化された以上、つけないといけません。
どれだけ窓開けて空気入れかえますって断言しても
換気止めて病気になっても誰にも責任転嫁しませんと署名捺印してもダメです。
(そういう奴に限って後でガタガタ言いますし)
なので、つける以上はしっかりと効果を発揮してもらわないといけません。
さてどうすれば良いでしょうね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 08:10| 奈良 | Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする