2018年07月31日

窓は大きく?

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

皆さん、見ましたかL社のCM。
「家を建てるなら、まず窓だ」でしたっけ。
大きくて、明るい窓を薦めていますね。
L社は枠も薄くて意匠系の設計さんが好きそうです。
いいですよね。
大きくて、明るい窓。
心にもない?
いやいや日本が常春の気候なら最高です。

しょぼい壁の6倍、7倍、8倍・・・10倍?の性能しかない窓を大きくしてもね。
温熱考えてない実務者は南以外の面も大きくするんでしょうね。
冬は日射取得に有効な南面ですがそれは熱損失を比べての話です。
低性能の窓は大きくすれば大きくするほど熱損失が大きい。
結果、日射取得で得られた以上の熱を外にポイって軽い感じで捨てます。
夏の日射遮蔽が出来ていても外気が35℃、40℃まで上がれば
しょぼい枠やガラスを伝って熱は入ってきます。
性能悪い窓を大きくする意味は全くありません。
あのCM、どの性能の窓の事いってるんでしょうね。

アルミであれアルミ複合であれ日本にあるものは
サーマルブレイクが出来ていないので
外気が氷点下にならなくても簡単に結露します。
当然、樹脂枠でも結露はします。
外気が-5、-10℃になり室内表面温度が下がればですが。

なぜ枠を薄くしてガラス部分を大きくするか。
広い幅にびっしり結露が付いているより細い方が結露してないように見えるから。
断熱性能の良いガラスを大きくすることで性能の良い窓に見せかけるため。
枠は安いが断熱性能の良いガラスは高いです。
L社ってガラスメーカーなんでしたっけ?
アルミ売りたいならアルミ部分で勝負できる商品を作れば良いのに。

どんなレベルの窓でも大きくすれば良い。
ああいう勘違いするようなCMやめてほしいですね。
それとも勘違いさせたいのか?
そこまでしてアルミ窓を売りたいのか?
それを鵜呑みにする一般人と実務者。
あのCMでここまで思う私。
ひねくれてますかね。
いやいや結露する窓が一向に減らないどころか
暑い・寒いと快適に暮らせない家が減らない実情見なさいよ。
借りにも住宅総合メーカーでしょうに。
そういえば、なぜか最後にTの社名が出てきてましたね。
トイレの時にI社の名前なんか出てなかったのにね。
T社の独自判断なの、あのレベルの低いCM。

事務所設立に当てってカタログ請求していないのはL社だけですね。
あっ三〇立〇もしてないや。
真っ先に取り寄せたのはYKKですね。
それも樹脂窓しかいらんって変なオーダーで。
良いと思えば使いますが全く思えない。
見ないカタログは邪魔なだけです。
やはりあの会社の窓は当分使わんな。
そろそろ内装建材やタイル・エクステリアなど窓以外のカタログだけでも請求しようかな。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 07:26| 奈良 ☁| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

想定の基準は?

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

今回の台風、当初は横断するだけと予測されていましたが
結果、東から西へ、九州入ってからは何かすると言う
逆走するルートをなんとも気持ちの悪い動きです。
本震レベルが2度襲った九州北部地震と言い。
当然、例になければ想定外の事も多く起きます。
ニュース見ていても「想定外」と言う言葉が多く使われています。
当然、想定とは過去の事例などを参考にはじき出される未来予測でしかありません。

想定以上の事が起きても耐えられるようにするのか。
一生に一度あるかどうかの事にそこまでする必要はないと思うのか。
これは人それぞれの考え方だと思います。
しかし数年、数十年内に起こると予測されている事ぐらいには
対応しておかないといけません。
地震やエネルギー等に関してしっかりと考えて対応しましょう。
自分や家族の命を守る決断が出来るのは自分だけだと認識しましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 07:07| 奈良 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

伝える為のツールつくり。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。

台風一過で晴れてきた奈良です。
朝方はかなりの強風で幾度か目が覚めましたが。

発散して吹っ切れたのか昨日はさくさく仕事が進みました。
いろんな事考えなくても良くなったり、相手しなくても良くなったりと
どうも仕事に集中しろと私の運命が排除する方向に動いているようです。
相変わらず私に楽な楽しい道を歩かせてくれないようです。
運命と言うのは決まっていると言われます。
正直、嫌なので結構抗ってみるのですが結局戻される。
なので無駄な抵抗はやめて抗わずに精進していきましょう。
時期が来れば巡り合うべきものならばいずれ道は重なるでしょうし。

最近、講習などのお話をいただく事が多くなったので
本格的にセミナー用の会社案内的なパワポを昨日は作成していました。
奈良県の小さな分譲住宅屋が初めて樹脂窓でQ値1.9を標準採用し
2011年にはQ値1.4(Ua0.4)を分譲レベルの上位仕様とし
税込坪57万円で販売していたりと先を行きすぎていた感じもしますが
7年経ってそれが普通に浸透しつつある世の中になっているなと実感しています。
ずっと奈良に居たら更に金額下げてもG2レベルが販売出来ていたでしょうね。
この数年間で良い商品が開発されたり、
正しい住宅と言うものを知った人達がそれぞれ動く事で
少しずつ良い方向に向かってきている。
ここを訪れる方々の活動によるところも大きいです。
窓変えたり、断熱材厚くしたり、換気扇を変えたり、
新しい暮らし方を実践したり、
情報協力をお願いすると即答していただけたり
皆さんの協力があって今の私がある事を再確認できました。

さらに精進し皆さんにお返し出来るようにしていきたいと思います。
皆さんご存知でしょうが設計から施工、コストに至るまでこなします。
設計だけではわからない事、施工だけではわからない事もたくさんあります。
それぞれの差を無くせると言うのが私の強みだと思います。
良い家を広めるためにも、正しく伝えるツールが必要です。
今日も新しいもの作っていきましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。
posted by KY≠ at 07:27| 奈良 ☁| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする