2019年07月31日

意志を持って。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3で設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

セミ五月蠅い。
鳴く前に目覚めるので起こされると言うストレスはないですが
仕事中は結構耳障りです。
完全集中すると全く聞こえなくなりますがそこに至るまでは大変です。
仕方ないのでBGMだと思う事にしていますが、
心の底からトリプルガラスの遮音性が欲しいです。
別に仕事中に季節感じる必要性は全くないですからね。
単板網入りガラス万歳!!
こんなのまだ売ってるメーカーなんてさっさと淘汰されれば良いのに。
買う人間がいるからダメだんでしょうね。
ここに来る方々はそんな事しないと思いますけど。

さて少々問合せがあったので紹介してみた岡山の倉敷木材。
サブリーダー会で毎月顔追わせているにも関わらず
良い家作る会社ぐらいしか内容知らなかったのですが
Ua0.3、C値0.6より悪い建物は断っているとの事です。
全棟パッシブハウスを掲げていた時期もありましたが・・・そのうちされるでしょうね。
それでもほぼHEAT20のG3に近い性能を70万円からと言うのは安いです。
G1レベルと比べると光熱費も快適性も違います。
35年以上住むのであれば、今後の電気代UPを考えれば
確実にプラスになると思います。
イニシャルも大事ですがランニング含めたトータルライフコストをしっかりと考える。
更には健康面、快適性と言うコスト化しにくい部分も評価しないといけません。
これらを踏まえて説明としてくれる会社を探しましょう。
いなければご相談ください。

全国からこういう問合せ多いのですが紹介出来るところは少ないです。
確認しにいくので工務店さんアピールしてくれるとありがたいですね。
またはこれからやっていきたいと言う熱意のある工務店さん、設計者さんも
手上げてもらえると嬉しいですね。
一人では数に限りがあります。
多くの方が出来るようになればそれだけ良い家が増える。
それが当たり前になればアルミ単板ガラスなんて売れなくなります。
世界を動かすのは民意ですよ。
長い物に巻かれていれば安心安全な時代ではないです。
しっかりと自分の意見を、意志をもって行動しましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 07:59| 奈良 | Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

屋根がない。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3で設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

本当に暑くなりましたね。
近くの3か月かからないぐらいで完成した建売ですが
東面に大きなバルコニーがあります。
DSC_0551.JPG
いや〜良いですね大きなバルコニー・・・屋根もないのに本当に良いですか?
洗濯物を干す為の物なら屋根ほしいですよね。
泉北のブロガーさんのようにパーゴラつけて飾り付けて
快適空間にしたいのであれば何も言う事はないですが
屋根もないのにこれだけ大きいと防水材の劣化も早いし
先日の大雨なんかで排水が追い付かないと大変な事になります。
洗濯物は干しっぱなしに出来ないしね。
更にFRPに反射した熱が雨戸もない日射遮蔽も出来ていない窓から室内に。
ウッドパネルでも引けば多少はマシでしょうがどうやっても冷房に大きく影響します。
屋根のないバルコニーは百害あって一利なしと言っても過言ではありません。
あこがれるのは勝手ですがしっかりと目的をもって選択してほしいですね。
低性能住宅だと尚更ですね。
バルコニー下の断熱はどうでしょうかね。
屋根ぐらい高温になるし屋根以上に低温になる。
この温度差を伝えない様にするにはHGW換算で30cm以上は必要なんですけどね。
多分15cmあれば良い一般住宅では・・・・・・。
大きなバルコニーがある場合は下の断熱材の厚みは絶対に確認しましょうね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:25| 奈良 ☀| Comment(5) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

結局は自分が大事です。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3で設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

「NHKから国民を守る党」が面白いですね。
私が立花氏を知ったのは7年前ぐらいでしょうか。
全ての活動が正しいと後押しするわけではないですが。
国営だからと好き勝手しているNHKにメスを入れていたが
今回、得票率が2%獲得できたとして政党助成金が出るようになったようですね。
2%でもらえるんだね。
「NHKをぶっ壊す」この1点だけで突き進んでいる。
世界なんて見ていない、日本国の行く末なんて見ていない。
しかし私たちの生活に密着したとても解りやすい活動ですね。
自由契約の世の中で強制的に契約しないといけない
国が後押しする独禁法なんて無視の独占企業。
パソコンやスマホからも徴収しようとしている事ぐらい皆さんご存知ですよね。

さて世界ではすでに存在して多くの理解を得られているワンイシュー。
既成概念しかない人達には変な活動に思うでしょうね。
でも自分達に当てはめると地球温暖化なんて気にしない。
エコと言いながらペットボトルを買う。
安いからと無駄にエネルギーを垂れ流す家を買う。
皆さん自分が快適に暮らすために同じ事してますよね。
インテリアが好き、外観が好き、仕上げ材が無添加だから好き。
言っている事、やっている事は皆さん同じですよね。
N国党の活動を否定できるほど
地球の事、世界の事、日本の事、人の事なんて考えている人はいません。

この政党が認知されたことで、なかなか面白い事象が起こるかもしれませんね。
パッシブハウスや高気密高断熱住宅が認知されてきたように、
間違った認識、正しい知識が広まれば良いなと思います。
何事も始めは批判の声ばかりだと思いますが
8年続けてきた活動が少ないが認められ
こうやって政党として国政に参加するまでになります。
私も10年(まだまだですが)やってきてやっと形になってきました。
既成概念を覆すのは本当に難しいですが
間違った事をしていくわけにはいきません。
そういう意味でも私の活動とリンクしているこの政党を見守りたいですね。
快適な家づくり、この1点でこれからも頑張っていきます。
結局は自分が大事ですしそれで良いと思います。
そこから余裕や余力があってこそ他の人に優しく出来るのです。
まずは自分が幸せになりましょう。
はい、政党はつくりませんよ。
神崎教は作るかもしれませんが(笑)

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 09:22| 奈良 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする