2019年07月14日

連続する事。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3で設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

昨晩からの雨で湿度が・・・除湿運転が欠かせませんね。
今月末の梅雨明けが待ち遠しいですね。
まあ真夏の暑さが待ってるだけですけどね。
真夏に外から帰ってきて暑いと言いながらエアコンをつけて涼しいと言ってるのを
テレビなんかで良く見ますが、あれって本当に涼しいのでしょうか。
まあ風に直接当たっていれば涼しいでしょうね。
風邪ひいたり体調悪くなってりするリスクが高まる
汗かいた服を着替える事もなく
ぼ〜っとエアコンの前に立っている暇がある人はですが。

連続冷房が無駄かどうかの判断はその人の時間に対する価値観だと言えます。
冷房に限った事ではないですが時間とコストの関係が理解出来ている人は
少ないのではないでしょうか。
連続暖房無駄と言う人は時間のロスが多いのかも知れません。
昔は同じように帰ってきたらエアコンや扇風機をつけていましたが
その場から動かない事のなんと無駄な事か。
家に入って涼しければ、そのまま服を着替えれますし
他の用事にも取り掛かりやすいです。
時間をお金に換算して自分の価値と比較する。
これが出来れば自ずと答えは出るのではないでしょうか。
それが家族全員分となれば・・・・・。
しっかりと冷暖房が効く性能の良い家での話ではないですよ。
普通の住宅でも・・・・・帰ってからつけた方が良いかもしれませんね。
何はともあれ体が資本です。
体調崩す事のないようにしっかりと室内環境を維持しましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする