2019年11月30日

根拠のないこと

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

早いもので11月も最終日ですね。
よ〜く考えると今年1件も建築してないわ〜。
こんな調子で良く生きていけてますね。
来年は今年の分も建つ事になるのでしょうか。

本当に朝晩だけでなく昼間も寒くなってきました。
エアコン暖房22℃微風では事務所の室温が上がらないので
24℃微風に上げてしまいました。
風量上げた方が電気代も安いかもしれませんが
中風や自動だと直接当たる風が気になってしいます。
いつまでこの状況で耐えられるでしょうか。
本当に常春で暮らしたいですね。

さ〜て昨日、結局出てこなかった窓のデータですが
他の方が持っていた430+krのデータが手に入ったので
これで解析をする事が出来ます。
ちなみに解析とはこんな感じです。
解析.PNG
壁だけならまっすぐなラインになりますが
横架材などがあるとラインが歪みます。
解析で出た数値から正常な壁の数値をあれやこれやしていくと
この部分の熱橋の数値が解ります。
だから何なのと思うかもしれませんが
PH認定をクリアするには、これが結構効いてくるんです。
付加断熱していてこれぐらいで済んでいるので
充填断熱だけだと・・・・・。
熱の逃げがひどくなるのは容易に想像できると思います。
付加断熱の140と充填断熱の140から出てくるUaは同じではないと言う事ですね。
更にエネルギーの量も変わってくる。
快適性にもつながる話なのでG2目指すのなら
付加断熱にしたほうが良いとは思いますね。

誰もこんな結果を見せてくれないのに
「いや充填だけで十分ですよ。」
「吹付80mmで大丈夫ですよ。」
「だってUa値はクリアしてますから。」
と言う訳です。
さてあなたはその根拠のない言葉を信じられますか。
検討するにはそれに足る根拠が必要ですよ。
根拠もないのに検討は出来ませんから。
あなた方がしているのは本当に検討ですか?
本当に自分で選択していると言えますか?
後悔がないのであればそれで良いですが。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:37| 奈良 ☀| Comment(1) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

日本の窓は。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

さて、みんな大好き窓の話(笑)
窓の性能は枠とかガラスとか各会社が数値を出しています。
多分。
海外ではちゃんと枠のU値(Uf)やスペーサーの数値を出してくれますが
海外製のように枠の寸法が同じであればいいですが
日本では出してくれないメーカーがほとんど。
上下左右で枠の見つけも構造も違うのに
代表的な窓種類だけ測定して後は右にならえ。
窓はどんな形でもどんな種類でも全部同じUw。
あり合えませんね。
Y社ぐらいが全てのUwをだしていたのですが
それも自己なんたら宣言書でひとまとめになっています。
FIXと滑り出し、ツーアクションの枠が同じわけないですよね。
それでも日本のしょぼい外皮計算だと十分使えてしまいます。

ところが今行っているPH認定や熱橋解析を行うには
正しい数値が必要になってきます。
結局、日本性は実際には数値を全部だしていて
数値提供してくれるY社の430、430+しか使えない。
多くのPH認定物件は海外製になっていますね。
各社、あれだけ社員がいるのだから
一人、二人解析に回しても余裕だと思いますけどね。
一人しかいない私でも解析できるのですから。

そんなわけで昨日昼から窓の解析に入ろうと思っていましたが
430+のデータがないので出来ませんでした。
今日の昼までには届くようなのでそれまでは別物件の処理をしておきましょう。
元々解析の類が好きなのか、やらなくて良いパターンの比較もしてしまう。
無駄に出来る事増えて自分の首を絞める事になっている気がしますが
まあ、楽しいので良いですかね。
膨大な窓や収まりの検討結果が後に役立てば良いですしね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:16| 奈良 ☀| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

同じ数値でも。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

さて熱橋解析も順調に進んでいますね。
なぜ熱橋が生まれるか。
同じ断熱材で同じ厚みならそれほど問題ではないのですが
(接する面が外部なのか室内なのかによっても変わるので同じではない)
同じ断熱でも厚みが違えば、熱に対する差が生まれます。
差が生まれれば熱は高い方から低い方に移動します。
同じ部材だけでも厚みが違えば起こりうる現象なのに
木材と断熱が連続する木造建築において
本来はいたるところで熱橋が起こっています。
柱部分は窓(当然樹脂トリプル)よりも少し良いだけなので
充填断熱の場合は断熱材の性能を良くすればするほど熱橋が大きくなります。

一応、木部と断熱部の割合で面の性能は低下していますが
面の話であって断熱と木部の取り合いである線はまた違います。
同じUa値でも充填だけの場合と負荷断熱をした場合では
正確には異なる結果になるはずです。がそんな事、誰も言ってません。
住んでからの感じ方や光熱費に少しずつズレが生じてくるのは当然ですね。
910mm毎に柱があるし、倍以上の幅がある横架材もあるのですから。
それを見越して木部率などがあるのでUaが間違っているかと言うとそうでもないが
二アリーであると言うだけ正確ではないかも知れない。
熱橋計算はソフトがないと出来ませんが
断熱の入った壁と柱しかない壁は計算して比較できますよね。
付加断熱した時と充填断熱だけの場合も簡単に計算できるので
一度やってみると良いかもしれませんね。

さて残すは窓との取り合い部分の解析。
窓は壁幅のどこにつかるかでも熱協の数値は変わってきますが
窓については次にでも。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:31| 奈良 ☁| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする