2019年12月07日

後ろ向き。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

昨日は京都にて施工会社との打合せ。
基礎、材木屋、大工と話していると
16時から始まったのに20時半までかかりました。
私の場合は基礎断熱しかも底板全面に断熱を敷きます。
そこで最初の基礎屋の言葉がさすが建築屋と言う言葉。
直角に施工されている断熱材を見て
「こんなに綺麗にはなりません。」
「相手が土なので掘ったままです。」
ふ〜ん。
相変わらずネガティブと言うかリスク回避と言うか
「こんなに綺麗には出来ないですがなるべく近づけるようにします。」
これで片付く話なのですが余計な施工手順の話をしてくる。
施工手順とか聞いてくればまだマシなんですがね。
私、現場監督もしてますので全行程見てますし施工もしてます。
やる気があれば出来る方法なんていくらでもあります。
やりたくない理由をいくら述べても技量はアップしません。
どうやったら出来るかを考える方が楽しいと思いますけど。
砂で埋めるとか知らないのかな。
まあ知らないなら仕方ないですよね。
つくづく・・・・。

さて市役所の事前確認も終了。
金曜日の終わりに降りたと言ってこられても取りに行けません。
せめて午前中に連絡くれれば・・・・・検査機関へは来週ですね。
良い家づくりの為にどんどん活動しましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 09:15| 奈良 ☁| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする