2019年07月09日

はやくカラッをしてほしい。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3で設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

仲間内でグーグルカレンダーを共有していると
他の人のスケジュールを通知してくれます。
・・・いらん機能や。
自分は手帳に書くのであれ使ってないのです。
使ってみたけど書き込むのをすぐに忘れてしまう。
何事も継続しようとする意識がないと駄目ですね。

夜、外を歩くとそれほど湿っぽくもなく涼しいと感じる時があります。
本来であれば外気を取り入れたいところですが
そこまで湿度が下がっていないので難しいですね。
ちゃんと排湿を考えていれば良いのですが。
このぐらいの湿度であれば調湿効果のある材料を使っていると良いでしょうね。
薄い塗り壁などでもなんとかしてくれるかも知れませんね。
室内環境を整えるにもコストがかかります。
せっかく高価な材料を使うのですからその効果を発揮してもらわないといけません。
が、何事にも許容値がありますのでしっかりと検討・計画して
材料選定にあたりましょう。
これは何も仕上げ材だけの話ではないですね。
家に関わるあらゆる物が対象です。
良い事しか書いていない商品説明だけでなく裏も読み取れるように
使用者の生の声を参考に精査していきましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 07:09| 奈良 ☔| Comment(1) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅雨と夏の湿度問題をどうやってクリアしようか悩みどころです。

やはり、外張り断熱で家の中は壁紙無しの木剥き出しが一番は湿度は吸ってくれるんですかねー。

昨年夏に上のようなモデルハウス行った時にカラットしてました。
エアコンは二階階段に1台付いていましたが。
Posted by at 2019年07月09日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: