2019年10月25日

先貼りする。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3で設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計も致します.。)

さて木部を覆うとはどういうことか。
基本的に断熱・気密ラインというのは一筆書きでないといけません。
木部も断熱部材として計算するのですから
一筆書きにしようと思うと木部をシートで覆うのは当然ですね。
いかに断熱材がシートいらないと言われてもね。
胴縁などで静止空気層でもあれば・・・。

一筆書きにするには先貼りシートが有効です。
後からだと永年ではないテープで止めなくてはいけません。
在来工法だとこんな感じですね。
P1040083.JPG
本当に梁の接続部分の処理が大変ですが基本に沿うとこうなります。
金物工法であれば一度金物を外す手間がありますがシートの施工としては楽ですね。

でツーバイだとこんな感じ。
download.jpg
梁は後から金物で受けるので最も楽ですね。
接続部の加工もいらないし、梁をつける時にシートが破れる事もないです。
梁の周辺にテープ貼りまくるより後の施工も格段に楽です。

先貼りシートしていない現場を見ると大工さんは大変だなと言う感じがします。
丁寧に施工する大工さんだと余計にテープ処理が大変だと感じると思います。
先貼りの有効性を感じていない大工さんは
元からちゃんと気密施工出来ない人だと言い切っても良いかもしれません。
まあ先にするか後にするかは施工者の判断になるとしても
木部をしっかりとシートで覆うと言う事に変わりはありません。
現場に行って何を見るか、どこを見るか。
良い現場を見ていれば解るはずですので沢山現場を見ましょう。
知識がない状態で見ても解らないのでちゃんと勉強してからですけどね。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:19| 奈良 ☔| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: