2020年09月07日

しっかりとした対策を。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

連日投稿しますが神崎設計工房を偽装した迷惑メールが届く可能性があります。
kanzaki@bg8.so-net.ne.jp以外のアドレスのメールを削除してください。
添付されているdocなどを開かないでください。
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

一夜明けて台風の影響がわかってきましたね。
長崎で最大瞬間風速60m/s弱を観測したそうですが
他は40m/sまで行っていないようですね。
耐風等級2の許容範囲内でそれほど大きな被害というのはなさそうですね。
どちらかと言うと大雨や停電による被害の方が多いようです。
しかし何も考えていない、しばりのない小屋などは屋根が飛んいるようです。
適当な金物施工や雨漏りなどで木材が湿潤するなど
金物の劣化や耐力低下で一般住宅では屋根が飛ばされる場合もありますので
しっかりとした施工、古い住宅は予防対策で調査をしておかないといけませんね。
うわべだけ繕っても対応できるものではないですからね。
コロナの影響で避難所の収容人数も減らしていて
他の避難所に移動してもらうなどの対応もしている。
踏んだり蹴ったりの状況ですが災害に抗えるわけもないので
しっかりと予測して対応していくおきましょう。

そろそろ次の泉北の現場監理が始まります。
良い数値が出るようにしっかりと確認をしていきましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 07:38| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

これはこれで。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

迷惑メールで皆さんにご迷惑をおかけしています。
PDFなら添付するがdocファイルを添付する事はないです。
Wordもマクロ有効にしない状態にしておくと
感染を防げるようなので開いてしまった時の為に
自動有効にはしないようにしておいていただければと思います。
あれだけ巧妙な事が出来る実力をなぜ良い事につかえないのでしょうね。
とても残念で仕方ありません。

わざわざ確認の電話や連絡をいただいている方には何ですが
おかげで長い事連絡出来ていない方々とお話しする機会が出来る事。
これはこれで良い機会で不幸中の幸いと思う事にしました。
昨日は福田温熱空調の福田さんからも連絡がありました。
福田さんの周りでも「同じような事が起こっているので」との事でしたね。
最近の情報交換をしていましたがお忙しいようです。
ニアミスばかりで電話ばかりで直接お会いした事がないのですが
同じような感覚なのかいつも勉強させていただいております。
気が付けばWEB会議を放ったらかして10分も電話してしまいました。

特に福田さんは無料で気密施工のポイント集を配布されているので
良くも悪くも意識の高い方からの問い合わせが増えている。
資料片手に工務店や建設会社に挑むものだから
対応できない実務者から連絡があって更に大変なようですね。
「福田さんから資料もらったが周りで出来そうな人いないから」
と調べていくと私の所にたどり着いたと言う方もいます。
遠方の私にしか頼れない世の中の状況もなんとかしないといけませんね。
福田さんが善意でしている事で望まないとは思いますが
お世話になった皆さんはしっかりとお礼を。
福田さんに追い付けるように、良い家の為に頑張っていきましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:18| 奈良 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

体感の差。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

引っ越しの終わったお宅に別件でお邪魔すると私だと少々暑い。
測ってみると室温27℃、相対湿度65%、絶対湿度14.5g/kgです。
この日は35℃ほどになるので設定を26℃に下げたようですが
(UBの窓を開けていたようですしね)
通常は27℃設定で2階のエアコンのみ使用。
この1台しかついていないが十分に全館に回っている様子。
(まあ小屋裏は1度ほど暑いけど)
女性はこれでも大丈夫かもしれませんが男性や子供は少々暑いでしょうね。
実際子供は動いていないんい少し汗ばんでいました。
まだコンクリートからの水分も出ている状態。
落ち着いて湿度が50%前半になれば
27℃でもべたつく感じもなく過ごせると思いますが
初年度は温度下げてもらう方が良いですね。
新築だからと言う事で起こる現象もあります。
今までの暮らし方とも変わってくる点があると思うので
住んでいく中で丁度良い環境を探っていってください。
27℃を25℃に下げれば光熱費は高くなりましね。
まあ機嫌良く暮らせているなら良かったですけど。
体感の違いだけはどうしようもないですね。
また光熱費だけ聞いておきましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:03| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする