2020年01月09日

だから計算してるんですけど。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

朝から検査機関で訂正作業の前に構造で少し協議。
とある場所にツーバイ材を使用している。
軸組工法でのツーバイ材使用自体は認定があるが
2×10のサイズが問題と言う事です。
2×8まではその資料をつければOKと言うのですが
いやいや、あちらが出してきた認定書にも2×10も2×12も書いてありますやん。
それに38×235のサイズでの水平耐力の計算書もつけていますしね。
これでダメなら根本から変えないといけないです。
一応、協議するらしいですがどうでしょうね。
他の地域ではもしかしたらアウトになるかもしれませんので
今後は最初に確認しておく必要がありますね。
構造計算していても基礎をコラム形状にするのはダメと言う地域もありますので。
まあ多分大丈夫だとは思いますが・・・許可がおりるまではなんとも。

そんなわけでもう1件設計評価を出している機関にも同じ質問をしました。
もしダメなら45×240という規格にない製材を使用するしかないので
その部分にかかるコストがぐっとアップします。
コスト考えない実務者なら45×240にするのでしょうが
圧倒的にツーバイ材の方が安いですからね。
くぎ云々言うならツーバイ材を抱き合わせて使えば大丈夫ですよね。
それでもツーバイ材を使用して方が安いかも。
軸組工法でも内壁などツーバイ材を使用する事が出来るので
興味のある方は調べてみると良いですよ。
しかし特殊な事(だとは思っていない)するといちいち説明しないといけないのが面倒です。
まあ例を作っておけば他の人も使えますしね。
どんどんチャレンジしていきましょう。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 07:50| 奈良 ☀| Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

一般的には必要。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

なんでホストなのにコメント書き込みエラーが出るんでしょうね。
禁止IPにでも自分で登録したのでしょうかね
そんなわけでここで。
本当ですね、等級3以下でなくて未満ですね(笑)
許容応力度の等級3を除くでもいいですね。
まあ等級3でもダメな地震が来ないとも限りらないので
等級4、5も必要になるかもしれませんが。

さて設計評価の是正も全て終わり
700ページ、両面印刷すても350枚を2部打ち出す。
複合機も休憩しながら頑張っていました。
特殊な屋根垂木の仕様なので別途屋根倍率の計算も必要です。
毎回、同じ所に出すわけではないので
いちいち計算して提出しなければいけません。
窓も私には普通の物なのですが申請機関にとっては滅多に出てこない、
もしくは見たことがない窓だからか仕様書の添付を求められます。
一般的な物を使用していれば枚数も増えないのでしょうけど
断熱、窓、換気全て一般的なものではないですからね。
一回窓ごとの取り合い部分を解析して提出してやろうかな。
普通でないものが当たり前に評価される世の中になれば
もう少し業務も楽になるのですけどね。
私にとっては当たり前でも他の人には当たり前ではにので情報は必要ですしね。
まあ実現しない未来を夢見ても仕方ないのでコツコツとやっていくしかないです。
国や行政の為にやっているわけではないですからね。
日々精進あるのみ、これに限ります。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 06:54| 奈良 | Comment(0) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

神頼み。

全人類のみなさん。
「良い家」に巡り合えていますか。
小エネ(だけじゃないが)住宅迷子の悩みを解決する万住屋(よろずや)。
エネルギー住宅専門の設計士なのにコストカッター」綺麗ごとで生きている神崎です。
基本はUa値0.34以下、C値0.5以下、許容耐震等級3を最低基準として
更なる常春住宅目指して設計稼業をしております。
(パッシブハウスの設計・コンサルも致します.。)

1月も6日過ぎました。
時の過ぎるのが早いです。
今日から本格的に仕事と言う方も多いのでしょうか。
長期の休み明けは、なかなか集中できないかもしれませんね。
私の方は解析も無事に終わり申請中の許認可関係を待つだけ。
やっと、お待ちいただいている次の計画に入ります。
の前に明日1日だけお休みすることにします。
初詣も行ってないですしね。

私は神に頼み事はしない。
合格祈願、健康祈願なんてしても神様とやらは何もしてくれません。
結局は自分の日々の努力でしかないですから。
後は持って生まれた運と寿命、経験からくる危機回避ですね。
私は去年の内容確認と今年の進め方を整理を
報告と言う形で再認識する機会だと思っていますので。
日々変わらぬ生活が出来る事を感謝すれど
努力もなしに望みを叶えてもらおうなんてね。
それが出来るなら貧困も格差もなくなっています。
快適に幸せに暮らす為に努力する。
認められないのは自分の努力が足りないだけ。
自分の認識が甘く、人の認識が甘くないだけ。
腐る前に人を恨む前に、更に努力すれば良いだけですね。

今年は日本と言う国でG2以下の建物が建てられなくなる様にお願いしてみますかね。
結露のない快適な生活が神様の力で出来るようにお願いしてみましょうか。
耐震等級3以下の建物が全て倒壊するようにお願いしてみましょうか。
毎年お願いすれば50年後には起きるかもしれませんね。
そんな無駄な事をするぐらいなら
良い家を少しずつでも増やす努力をする方が私は良いです。
今年も快適な良い家を増やしていきましょう。
良い家に出来るかどうかは皆さん次第ですよ。
神様や国の力で良い家は増えません。
今年もしっかりと勉強して快適な暮らしを手に入れましょう。
日々精進あるのみです。

それでは皆さん「健康・快適かつ小エネで経済的な家つくり」を。



posted by KY≠ at 08:42| 奈良 ☀| Comment(1) | 設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする